« 復興路でトマト味の烩面 | トップページ | 田子坊でラクサみたいな麺 »

2015年10月15日 (木)

大沽路で油泼扯面

河南中路でbiangbiang麺を食べて、麺熱が覚めやらぬ頃、
同じ友人と大沽路にある西安料理のお店へ行こうと言うことに。
Dsc_8336
ここは結構前からあって気になってたけどなかなか行けずにいたお店。
チェーン店のようでここ以外にも2店舗あるよう。

メニューが多くて迷ったけど最初なので定番ものを注文。

Dsc_8344
油泼扯面 22元
biangbiang麺の基本バージョン。
幅の広い麺に油と唐辛子の辛いタレをかけてそれを混ぜて食べる。
味はまあまあだけど油がちょっと安っぽいかも。

Dsc_8341
岐山臊子面 18元
写真を見ると細麺のはずなのになぜかbiangbiang麺と同じ太麺で来た。
お昼時過ぎてたから麺を切らしてたのかな?
スープがちょっとぬるくていまいち。

全体的には不味いとまではいかないけど、
陕西小吃biangbiang面と比べるとレベルは下がる感じ。
店員さんは親切で良かったのだけど。
メニューの種類は多いから違うのにチャレンジしてみてもいいかな。


■ 朱雀门西安美食(静安店)

にほんブログ村 グルメブログ 中国食べ歩き(チャイナ)へ

« 復興路でトマト味の烩面 | トップページ | 田子坊でラクサみたいな麺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大沽路で油泼扯面:

« 復興路でトマト味の烩面 | トップページ | 田子坊でラクサみたいな麺 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ